大阪は「都構想」などよりカジノで復活すべきだ

維新の会の1丁目、1番地と呼ばれるのが大阪都構想である。

大阪を都にして大阪市と大阪府の2重行政をなくそうというのが最初であるが、
現在、市長・府知事とも維新から出ていて、2重行政的な話は少なく仲が
いい感じが周りから見ていても良くわかる。

都構想しなくてもいいのではと思ってしまうこともある。

橋本さんもあの事件以降あまり元気がないのかそれとも
自粛しているのか

前ほどパワーを感じませんよね。

一つ大阪を復活させる起爆材があるとしたらカジノであると思うのだが、
これも東京お台場へと思われるが、政治的な判断で大阪にしてあげられないだろうか。

カジノと京都・奈良・神戸という古都が楽しめ、外国人ツアーに関してはお台場や
東京よりは、非常にいい立地だと思われる。

場所はりんくうや南港という不幸せな開発土地がいっぱいある。

しかも2重行政で作った色々な遺産があり、その施設をうまく使える。

少しブラックになるのだが、カジノに必要な人材もたくさんいる。

大阪の経済対策はカジノしかないと思う。

今後カジノ法案が成立してどのような動きになるのか注目したい所ですね。

ギャンブル嫌いの富豪がカジノ業に賭ける

11月11日(ブルームバーグ):フィリピンの富豪エンリケ・ラソン氏はギャンブルに手は出さない。

3月にカジノ業界に進出したが、大金を賭けるギャンブラーたちに歓迎の握手をするより、
港でクレーン車を操縦する方が心地良いという。

ラソン氏(53)は3月、フィリピンのマニラ湾沿いの埋立地にソレア・リゾート・アンド・カジノを開業した。

きらびやかなソレアは、120ヘクタールの地区にラスベガス流の複合施設を建設する
プロジェクト「エンターテインメントシティー」に入居する4つのリゾート施設の先陣を切って
オープンした。ブルームバーグ・マーケッツ誌12月号が報じている。

フィリピンは、台風で甚大な被害にあったけど、大丈夫なのかな?

11日のニュースだから台風あとだけど、被害の復興にには、時間かかりそうですよね。

日本でカジノバーを探すならこのサイトで
紹介されていましたね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000007-bloom_st-bus_all

日本にカジノが誕生すれば億万長者が続出する?

安倍晋三首相や麻生太郎副首相兼財務相も名前を連ねる“カジノ議連”
こと国際観光産業振興議員連盟が、今臨時国会でカジノ解禁を進めるための
「カジノ関連法案」を提出することがほぼ確実となった。

カジノといえば、ディーラーとの駆け引きなどゲームのルールが複雑。

しかも、ひと晩で大金が動くイメージがある。となると庶民はムリ? 

『賭けに勝つ人 嵌る人―ラスベガスと日本人』(集英社新書)など、
ギャンブルに関連した著作が多数ある作家の松井政就氏によると、
スロットならその心配もなく、しかも一攫千金のチャンスもあるという。

「有名なのがメガバックスという台です。1回約300円の賭け金で、
大当たりすれば最低払戻額約5億円が約束されるおばけマシーンです。

すべての台がオンラインでほかのカジノとつながっていて、
大当たりするとそれまでプールされていた過去の賭け金がすべて払い戻されるため、
実際は5億円どころか何十億円にもなることもあります」

確かに夢のある話ですが、確率はどうなんでしょうかね?

何十億円も貯まるぐらいあたっていないのであれば、数千万分の1ですよね。

そんな確率で、はたして億万長者が続出するのでしょうか?

カジノでは、高額で賭ける人は億単位で勝ったり負けたりしますが、
一般の人はせいぜい数十万使うぐらいです。

そのぐらいのタネ銭で億万長者が続出するとは、考えにくいですよね。

確かに数人は、出ると思いますが、続出とまではいかないのでは?

日本オンラインカジノ

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131031-00000769-playboyz-soci

カジノ解禁、民営or公営どちらにすべきか?

日本でのカジノ解禁を推進する国際観光産業振興議員連盟(IR議連、カジノ議連)は、
今秋の臨時国会での法案提出を目指している。

カジノ構想は、2020年の東京オリンピック開催決定を受け、いよいよ熱を帯びてきているといってよいだろう。

カジノ解禁の最大の論点は、カジノの運営を、民営とするか公営とするかである。

カジノ議連が提出を目指している法案は、自治体の申請に基づき国が認定した区域において、
国の許可を得た民間業者がカジノの設置および運営を行うという民営型である。

日本で民営カジノを認めることが許容されるかどうか。

この点に関し、法律専門家の立場から結論を述べれば、政治判断によるということになる。

その理由は、新たな法律を制定して民営カジノを設けることを禁じる判例も法律も存在しないこと、
また、国会は憲法に反する法律を制定してはならないが、民営カジノの解禁の可否は、
憲法問題ではないことである。

個人的な意見ですが、民営にしないと失敗しそうな気がしますね。

公営であまりにも豪華なカジノ建設は難しそうだし、批判がありそう。

中途半端なカジノでは、韓国のみたいになりそうですよね。

世界的に観光客を集めるなら外資も入れて民営にしてかなり豪華な
カジノリゾートを作らないと諸外国に負けてしまうと思います。

日本の議員がどれほどカジノのことに精通しているかわかりませんが、
心配ですね。

日本のオンラインカジノが出来るのは、
まだ当分先になりそうですね。

カジノも恐れるブラックジャック必勝法「カウンティング」とは?

自分なりの必勝ロジックを駆使して“勝ち組”の人がいることも事実。

技術、メンタル、資金管理術を徹底すれば、バクチは運を凌駕するのか?

カジノで最も効果のある必勝法が「カウンティング」

でも、実際カジノ側もかなり対策しているので、あまり派手には、
勝てないようです。

それでも年間5000万以上稼ぐプロも存在します。

では、カードカウンティングとはどのようなものなのか?

残されたカードが10(絵札を含む)とAが多くなれば、プレイヤーにとって有利となります。

逆に、2~6の低いカードが多ければ、ディーラーがバースト(22以上)する
確率が減るので、プレイヤーにとって不利となる。

ですから、シャッフル後、0からスタートして2~6のカードが開かれたら
+1、10~Aのカードなら-1と増減を繰り返して、規定値
(仮にカードを6デッキ使用していれば+16)に達したときに
ベット額を上げて利益を最大化します。

これは、かなり複雑で素人が簡単にマスター出来るものではないようです。

でも、年間5000万円って凄いですよね。

カウンティングは、カジノ側の対策でもう使えないものだと思っていましが
そんな事ないようですね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131027-00509741-sspa-bus_all

法案提出機運でカジノ関連株が高い

カジノの解禁を目指す超党派の国会議員連盟が23日に会合を開き、
今国会にカジノ解禁法案を提出する方針を確認したと報じられ、
関連株に注目が集まった。

同連盟には与党の自民党や公明党だけなく、民主党や日本維新の会の議員も参加しており、
東京五輪の決定でカジノなど複合型リゾート施設への期待が高まっているのも追い風となっている。

24日は日金銭のほか、セガサミーホールディングス <6460> 、オーイズミ <6428> 、
ダイコク電機 <6430> などの関連銘柄も買われている。

カジノ=パチンコ、パチスロメーカーですか。

浅はかなような感じですが、株の事はあまり詳しくないので何とも

でも、実際カジノが日本にできてもそんなに数作れないですよね。

多くて10年で30件ぐらいじゃないのかな?

そんな中スロットなんてせいぜい多くて1店舗2、3千ぐらいなのかな?

パチンコ、パチスロメーカーが儲かる予想は幻想のような感じしますが、
株はわかりませんね。

スポーツの賭けとカジノどちらが儲かるの?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131024-00000004-scn-biz

韓国初のカジノを含む統合型リゾート17年に開場

外国人専用カジノや一流ホテルなどを備えた統合型リゾートが韓国で初めて仁川国際空港近隣に作られるようだ。

韓国最大のカジノ業者であるパラダイスグループは22日に記者会見を開き、2017年1月まで1兆9000億ウォン
(約1760億円)を投じて仁川空港から約1.1キロ離れている松宗島・仁川空港国際業務団地(IBC-?)
に統合型リゾート「パラダイスシティー」(Paradise City)をオープンさせる計画を発表しています。

パラダイスシティーは日本人や中国人など外国人観光客をターゲットにした韓流文化の拠点として、
先端の情報技術(IT)を取り入れたリゾートを目指すようだ。

来年4月に着工するリゾートの敷地面積はサッカー場47面に当たる32万2600平方メートルにもなるようだ。

第1段階として2017年にオープンする施設は韓国最大規模(1万1190平方メートル)の外国人専用カジノや、
客室数700室規模のホテル、公演会場、ショッピングモール、レストラン、展示場など。

韓国の文化や食べ物、ファッション、美容、K-POPなどを体験できる「韓流エンターテインメント」も用意される見込みです。

第2段階として五つ星ホテルやスパ施設などがオープンし、カジノの増築も行われるみたいですね。

世界各国でカジノビジネスが活発化していますね。

日本もこれに乗り遅れないようにしてもらいたいものですが、今後どうなるでしょうね。

しかし、サッカー場47面ってすごいですよね。

日本でカジノが出来たらどの程度のものになるのでしょ?

お台場が熱いですが、それ以外の地域でも大規模なカジノが建設出来るのか?

今後期待したいですね。

ベラジョンカジノの入出金方法

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000031-yonh-kr

マカオのカジノから中国人観光客を奪えるのか?

マカオから中国人観光客を奪えるのか?

豪クイーンズランド

オーストラリア北東部のケアンズとその周辺地域は観光業の低迷に苦しんでいる。

香港の投資家トニー・ファン氏は、42億豪ドル(約4000億円)規模のカジノリゾートを建設しこの流れを変えたい考えのようだ。。

人工のラグーンをつくり、18ホールのゴルフコースや2万5000人収容のアリーナも併設する。

この地域では供給過剰がたたり宿泊料金が下落しているが、ファン氏のプロジェクトはホテル客室数をほぼ倍増させるようです。

エンターテインメント・グループなどの豪企業もケアンズのあるクイーンズランド州でカジノ拡張や建設を検討しているみたいだ。

世界一のカジノ中心地となったマカオから中国人観光客を奪うのが狙い。

豪州を訪れた中国人は今年2月に11万100人と過去最多を記録している。

日本もこれに負けないカジノリゾートを作ってもらいたいものですね。

それにしても、中国人観光客のマナーの悪さは何とかならないのかな?

おすすめサイト
ベラジョンカジノの評判サイトはサクラが多い?

カジノ構想に沸くお台場 早くも過熱し始めた「土地バブル」

外国人観光客の増加をにらんで、街並みが激変するといわれているのがお台場だ。
 この臨時国会で、2年以内にカジノ実施に必要な法制を整えることを政府に求める「IR推進法」が成立するとみられている。IRとはIntegrated Resort(複合観光施設)の略。順調ならば、16~18年度にもカジノが誕生する可能性が出てきたわけだが、その有力候補地とされているのが、お台場地域だ。

お台場にできれば、絶対成功しそうですよね。

他にもいろんな施設も出来ると思うから楽しみですよね。

ベラジョンカジノの入出金方法

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000011-nkgendai-life

サッカーくじ、11月から英プレミアに独一部リーグも 販売通年化

サッカーくじを運営する日本スポーツ振興センター(JSC)は18日、海外リーグを対象にしたくじを11月23日から販売すると発表した。Jリーグのシーズンオフを埋める形で来年2月まで販売され、サッカーくじの販売は通年化する。

 サッカーくじは国内のJ1、J2の試合が対象だったが、海外の試合にも拡大できるようにする改正スポーツ振興投票法が18日に施行された。

 対象はイングランドのプレミアリーグと下部リーグ、イングランド協会(FA)カップ、ドイツ1部リーグで、ビッグなど予想が不要な「非予想系くじ」で実施される。2013年度の販売は10回程度を予定している。

なんかまどろこしいやり方ですよね。

日本版ブックメーカーが出来るのはいつになるのかな?

ところで、スポーツの賭けとカジノどちらが儲かるの?

なかなか、面白い情報ですよ!