韓国初のカジノを含む統合型リゾート17年に開場

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 韓国初のカジノを含む統合型リゾート17年に開場
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

外国人専用カジノや一流ホテルなどを備えた統合型リゾートが韓国で初めて仁川国際空港近隣に作られるようだ。

韓国最大のカジノ業者であるパラダイスグループは22日に記者会見を開き、2017年1月まで1兆9000億ウォン
(約1760億円)を投じて仁川空港から約1.1キロ離れている松宗島・仁川空港国際業務団地(IBC-?)
に統合型リゾート「パラダイスシティー」(Paradise City)をオープンさせる計画を発表しています。

パラダイスシティーは日本人や中国人など外国人観光客をターゲットにした韓流文化の拠点として、
先端の情報技術(IT)を取り入れたリゾートを目指すようだ。

来年4月に着工するリゾートの敷地面積はサッカー場47面に当たる32万2600平方メートルにもなるようだ。

第1段階として2017年にオープンする施設は韓国最大規模(1万1190平方メートル)の外国人専用カジノや、
客室数700室規模のホテル、公演会場、ショッピングモール、レストラン、展示場など。

韓国の文化や食べ物、ファッション、美容、K-POPなどを体験できる「韓流エンターテインメント」も用意される見込みです。

第2段階として五つ星ホテルやスパ施設などがオープンし、カジノの増築も行われるみたいですね。

世界各国でカジノビジネスが活発化していますね。

日本もこれに乗り遅れないようにしてもらいたいものですが、今後どうなるでしょうね。

しかし、サッカー場47面ってすごいですよね。

日本でカジノが出来たらどの程度のものになるのでしょ?

お台場が熱いですが、それ以外の地域でも大規模なカジノが建設出来るのか?

今後期待したいですね。

ベラジョンカジノの入出金方法

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000031-yonh-kr

コメントを残す